ノロウイルスは症状がハッキリと出ない場合がある

メンズ

消毒について

マスクと体温計

下痢や嘔吐をした場合はすぐに報告

ノロウイルスは下痢や嘔吐、腹痛などといった症状が現れます。下痢や嘔吐などが原因で、感染が拡大してしまうこともあるので注意しましょう。基本的に嘔吐や下痢などの症状が出た場合は速やかに医療機関を受診する方がベストです。ですが、どうしても我慢できずに会社のトイレや、コンビニのトイレなどを利用することもあります。そのような場合はすぐに会社などに報告しましょう。すぐに消毒することで感染の拡大を抑えることができるのです。何も言わずにいると消毒が遅れ、感染が拡大してしまいます。会社に社員が集まらなかったり、学級閉鎖になってしまう原因にもなってしまうのです。どうしても我慢できずに色々な方が利用するトイレで嘔吐や下痢をしてしまった場合はすぐに責任者へ報告するようにしましょう。

アルコールを利用して消毒しよう

基本的にノロウイルスの消毒にはアルコールを利用することが多いでしょう。手洗いなどをした後にもアルコールで消毒します。身の周りで、感染症の症状が出た方がいる場合はより消毒に力を入れる必要があるのです。また、アルコール以外にも次亜塩素酸ナトリウムを用いて消毒をする場合があります。特に次亜塩素酸ナトリウムは高い効果が期待できるので、よく利用されるのです。一般的にトイレや玄関、嘔吐物などの消毒に用いられるでしょう。ただ、次亜塩素酸ナトリウムを手指に利用すると、手指があれてしまうので注意しましょう。手指の消毒にはアルコール、トイレや玄関などの消毒には次亜塩素酸ナトリウムといった具合に使い分けることが大切です。ノロウイルスの症状が出た場合は、感染者が触れたものをしっかりと消毒するようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加