ノロウイルスは症状がハッキリと出ない場合がある

メンズ

潜伏期間

男性

潜伏期間について知識をつけておく

基本的に感染症には潜伏期間が存在します。ノロウイルスの場合も潜伏期間が存在しているのです。基本的に症状が発症するまでの時間は1日から2日と言われています。潜伏期間はあまり長くないのです。その為、食べ物から感染した場合はいつ何を食べたかが思い出しやすく、感染源を特定しやすいと言われています。基本的に感染源を特定することができれば、感染の拡大を防ぐことができるのです。症状が出るまでの潜伏期間について覚えておくことで、素早く対応することができるでしょう。ノロウイルスの潜伏期間は他の感染症と比べても比較的短いといえるので、症状が発症したらすぐに医療機関を受診するのが大切です。できるだけ早めに医療機関へ行き、適切な治療を施してもらいましょう。

感染症が発症する期間について知っておく

ノロウイルスは1日から2日の潜伏期間を経てから発症します。基本的に人によって症状は少しづつ違ってきますが、大きくは変わりません。嘔吐や腹痛、下痢などです。潜伏期間を知っておけば、感染症が発症する原因を特定することができます。原因として多いのが二枚貝などの生食です。加熱が足りない場合も感染してしまう場合があります。ノロウイルスの初期症状としては微熱や嘔吐、下痢などが挙げられるでしょう。急な嘔吐やチクチクとする痛みの腹痛には注意するようにします。基本的に2日から3日は嘔吐や下痢、腹痛が続くでしょう。3日を過ぎたあたりから回復期へ入るのが一般的なのです。また、回復期へ入っても体内にウイルスは残っているので、外出は控えるようにしましょう。感染者を増やす原因になってしまいます。基本的に1周間程は体内にウイルスが残っているでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加