ノロウイルスは症状がハッキリと出ない場合がある

潜伏期間

ノロウイルスには潜伏期間があります。潜伏期間を経て症状が発症するのです。潜伏期間は一般的に1日から2日と言われています。潜伏期間についてしっかりと学びましょう。

自分で判断しない

下痢にならない場合もあるので注意

ノロウイルスの場合、症状が出ないことが稀にあります。一般的には下痢や腹痛、嘔吐や発熱などが現れるのです。特に、下痢は有名な症状で、中にはトイレから出ることができなくなるほど酷い場合もあります。その為、この感染症にかかってしまうと下痢になると勘違いしてしまうことが多いのです。中には下痢にならないこともあります。この場合、下痢にならないので、感染していないと思い込んでしまう方が少なくありません。会社や学校などに行ってしまい、感染を拡大させる原因になってしまうのです。

インフルエンザと間違えることも

嘔吐や発熱だけの症状でも、十分にノロウイルスの可能性があります。基本的に症状には個人差があると思っていた方が良いでしょう。素人には症状だけではこの感染症かどうか判断することが難しいのです。まず、体調が少しでもおかしいと思った場合はすぐに医療機関を受診するようにしましょう。また、冬場に発熱と嘔吐があり、感染症を疑って医療機関を受診した方の中にはインフルエンザと診断される方も少なくないのです。体調が悪いと思ったら我慢せずに、医療機関を受診するようにしましょう。

基本的に自分で判断しないようにする

一般的に一つの病気でも、症状の出方は人によって様々です。一つのパターンにこだわっているとノロウイルスを見落としてしまうこともあるでしょう。そのような失敗を防ぐために、しっかりと病気について理解しておくことが大切になってくるのです。間違った知識でノロウイルスなのか、そうではないのかを判断することにより時代を悪化させる恐れがあります。最悪の場合は集団感染にまで発展してしまうこともあるのです。冬場になるとこの感染症に感染するリスクは高まるので、自分で勝手に病気かどうかを判断しないようにしましょう。

マスクと体温計

消毒について

ノロウイルスの予防に利用されるのがアルコールです。トイレや玄関、嘔吐物などの処理には次亜塩素酸ナトリウムが向いているでしょう。症状を発症した方が触れたものもしっかりと消毒するのが大切です。

レディ

水分補給

ノロウイルスの症状としては下痢や嘔吐、腹痛が有名です。また、中には下痢にならなかったりする方もいます。その場合は別の病気と勘違いしやすいので注意しましょう。また、水分補給が大切になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加